就労支援センターでリワーク始めませんか?

ティービーエスオペレーション就労支援センターでは、うつ病やストレス性疾患などで休職した方などを対象に、職場復帰支援(リワーク)プログラムを提供しています。

リワークとは?

リワークとは、うつ病やストレス性疾患などで休職している方に対する、職場復帰に向けた復職支援プログラムのことです。職場復帰したい方のよりスムーズで確実な復職をサポートするほか、再休職の予防にもなります。

リワークプログラムの効果

リワークの研究データにおいて、リワークプログラムの利用者と非利用者で復職後の就労継続率を比べたところ、リワークプログラムの利用者は非利用者に比べて復職後2年以上経過後、就労継続できている率が高く、再休職のリスクが低いことがわかっています。(下図参照)

復職支援プログラムで仕事を継続できる人が増加
復職支援プログラムで仕事を継続できる人が増加の図
※年齢、性別、診断名、これまでの休職歴、業種、企業規模などについて、それぞれ同じような対象者同士を組み合わせて解析
出典:『産業精神保健』20 (4) 2012より

リワークプログラムの概要

職場復帰までの3~12ヶ月程度、継続的にティービーエスオペレーション就労支援センター(高田馬場または東陽町)に通ってリワークプログラムを受けていただきます。

プログラムでは集中力や作業能力を回復させるためのオフィスワーク、また復職した後の職場で発生する対人関係などのストレスに適切に対処できるようにするための心理教育や職場を想定したアサーションを取り入れたSSTなどの対人技能(コミュニケーション)プログラム、自分自身の疾患の状態を把握し、管理するための自己管理プログラムなど多岐にわたります。さまざまなプログラムを受講することで復職準備性をあげ、復職につなげていきます。

― ご利用条件 ―

ご利用までの流れ

STEP
1
お問い合わせ
お電話またはE-mailよりお申し込みください。
STEP
2
見学
施設をご見学ください。スタッフよりプログラム内容などについてご説明します。
STEP
3
利用申し込み
ご利用を希望される方は主治医より「診療情報提供書」を入手していただきます。
STEP
4
受給者証の申請・発行
お住まいの市区町村に障害福祉サービス受給者証の申請手続きをお願いします。
STEP
5
スタッフと面接
スタッフより状況の聞き取りを行います。
STEP
6
勤務先にヒアリング
休職中の職場および人事担当者に復職についてのヒアリングを行い、職場復帰に向けた活動の進め方を確認し、合意を得ます。

※)勤務先の合意が得られていない場合はリワークをスタートできません。

STEP
7
受入検討会議
受入検討会議を支援者間で行います。問題なければご利用いただけます。
STEP
8
リワークプログラム開始
リワークプログラムへの参加を開始し、復職準備性の向上と再休職予防を目指します。勤務先とも連携を行います。
STEP
9
リワークプログラム終了、復職へ
職場への復帰時期を勤務先と調整します。
STEP
10
職場復帰後のフォロー
必要に応じて勤務先との連携を行います。

ご利用を検討されたい方へ

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

  • 高田馬場就労支援センター
  • (事業者番号:1310801376)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15 三井生命高田馬場ビル2F

TEL:03-5155-1981
  • 東陽町就労支援センター
  • (事業者番号:1310801376)
〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-46 ASKビル5F

TEL:03-3615-3500
  • 高田馬場就労支援センター
  • (事業者番号:1310801376)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15

三井生命高田馬場ビル2F

TEL:03-5155-1981

  • 東陽町就労支援センター
  • (事業者番号:1310801376)
〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-46

ASKビル5F

TEL:03-3615-3500

トップへ戻るボタン